So-net無料ブログ作成

「心の病」で労災234人=申請者数は過去最多―厚労省(時事通信)

 仕事のストレスが原因でうつ病などの精神疾患になったとして、2009年度に労災認定された人は234人に上ることが14日、厚生労働省のまとめで分かった。このうち、自殺の認定は63人。前年度より3人減ったが、同省は「精神障害で病院にかかる人が増えたこともあり、依然として高い水準」としている。
 集計によると、精神疾患の労災申請は前年度比209人増の1136人。初めて1000人を突破、過去最多を記録した。遺族の申請は9人増にとどまり、本人申請の増加が押し上げた形だ。
 認定されたのは同35人減の234人で、これまでで3番目に多い。年代別は、30代(75人)、40代(57人)、20代(55人)の順で、これらの年代で全体の約80%を占めた。職種別では「商品販売従事者」が最も多かった。 

亀井郵政相 辞任を閣議決定…後任は国民新・自見氏で調整(毎日新聞)
阿久根市長への告発状、地検受理…職員降格問題(読売新聞)
亀井金融・郵政改革相、辞任の意向固める(読売新聞)
民主−連合の政策協定案判明 消費税率アップを事実上容認 納税者番号制度も(産経新聞)
<民主党>小林千代美議員が辞職表明 北教組事件で引責(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。